2016年11月22日

Hotな技術交流会

重田です。久しぶりの投稿です。
 1ヶ月ほど前、高校時代の同級生であり、僕のガイドヘルパーであり、そして
本会の有能な事務員から
「おごるから飲みに行こう」
と誘われました。
「何が待っているのだろうか?」と思いつつ、楽しく飲んでいると、
「全身あん摩の仕上げで悩んでいる」
と相談されました。
「それなら何人かであん摩の技術交流会をしよう」
と早速電話しました。
 すると、日程が土曜の夕方に開催するにも関わらず、即「ok」の返答をもら
いました。
 おかげさまで第1回あん摩技術交流会が無事に終わりました。
 参加者は、京都3名、大阪1名、岐阜1名の合計5名でした。
 最初に
「60分で全身あん摩をするなら、その組み立ては?」
という投げかけにそれぞれの流れを説明してもらいました。
・ヘッドスパから入る。
・脊柱の矯正から
入る。
・基本的な術式で行う。
・把握揉捏を大切にしている。
・運動法を多用している。
・ストレッチを多用している。
・指圧を多く使う。
・末梢からねじれを直す。
・矯正法を行う。
・声かけに重きを置いている。
など、思いもしなかった内容が続々でした。
 夕食休憩を挟みつつ、
「○○先生の技が気になる」
「○○先生の技が受けたい」
「50肩へのアプローチが知りたい」
ということで、本当の意味での技術交流会ができました。
 参加者は誰しもが今の自分に満足せず、少しでも他人の技術を盗もう、そして
自分の技術にしよう、また、自分の技術は惜しまずに披露しようという気持ちで
参加していたと思います。
 交流後は、深夜2時までウダウダと語りました。もちろん飲みながらです。
 そのような中に多くのヒントがあるものです。
 今回の参加者からは
・また行って欲しい。
・必ず参加する。
・○○先生の技を受けたい。
・参加して本当に良かった。
などと感想をいただきました。
 今回の取り組みに興味を持っていただいた方、心配していただいた方など多数
おられましたが、上記のように無事に終了しました。
 日程調整をして、もちろん第2弾を行います。
 参加は誰でも大丈夫です。
 ただし、「教えてやろう」という気持ちじゃなく、「学びたい」「もっといろ
んなことを知りたい」という方を募ります。
 以上、簡単ですが報告でした。
posted by 重田 裕之 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177776858

この記事へのトラックバック