2016年07月29日

Hotな四半世紀

筑波同窓会(H28.7.28).JPG
 重田です。久しぶりの投稿です。
 私が筑波大学理療科教員養成施設を卒業したのは平成3年3月でした。
 そう、もう四半世紀が経ちました。
 その間に、私は盲学校を辞め、2校目の専門学校に勤務しています。
 なおかつNPO法人つくし会の理事長も任されています。
 多くの人との出会いもありました。
 盲学校に勤めていては体験できなかったことも数多くしてきました。
 が、何かと振り返ると原点は、東京で暮らした筑波大学時代の2年間。
 その時の仲間が集まった大分での記念撮影。
 話は尽きないものです。本当に楽しかったです。
 来年以降は、名古屋、仙台、京都と場所を変え、開催されるかも?
 可能な限り、参加して行こうと思います。
 月ちゃん、明太子ありがとうね。
 山崎さん、25年間ご苦労様でした。
 最後にゆりちゃん、付き合ってくれてありがとう。みんな喜んでいたよ。
posted by 重田 裕之 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月08日

Hotな対応

 重田です。
 本会みぶ治療院では、毎月「健康講座」を行っています。これまでは、
8月:肩こり、9月:腰痛、10月:ひざの痛み、11月:頭痛
と行ってきました。
 12月は、内科医の大矢先生を迎えて「認知症講座」を行いました。
 現代の超高齢社会において「認知症」は避けられない問題です。
 印象に残ったのは、
「早期発見・早期診断・早期治療」より「早期気付き」が重要。
「患者の人格を傷つけるような診察をしてはいけない」
「薬に頼らずとももっと効果的な方法がある」
「認知症患者は、おかしなことを言う。そこで『何言ってんのや』」と話を終わ
らすのは簡単なこと。そうではなく、充分に話を聞き、何が起こっているのかを
充分に観察し、適切な対応をする。簡単そうで、なかなか難しい」
 これらについて、事例を含めて分かりやすく講演を行ってもらいました。
 認知症の人、何かと周囲の人に世話になります。そのような中で、こちらから
「ありがとう」と声を掛けるのが大切だともおっしゃっていました。
 あっという間の2時間でした。
 また、機会があればお話を聞きたいです。
posted by 重田 裕之 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Hotな風景

紅葉と桜.JPG
 重田です。
 今回も花の写真付です。
 場所は、本会みぶ治療院の隣、大屋さんの玄関で撮りました。
 今年の気衝が異常だったことを表す一枚に思います。
 枯れ葉の中に策咲く桜、隣には紅葉。不思議な光景です。
「桜が咲いた」は、今年、よく聞くみたいですが、紅葉との風景は珍しいと思い
ます。
 そこで記念撮影です。
posted by 重田 裕之 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記